Posted by at

2009年06月04日

探偵学園Qおもしろい本、

探偵学園Qはなかなかおもしろいです。金田一少年の事件簿、名探偵コナンと読んでいたのですが、他に違う探偵シリーズはないかと差がしていた時に見つけました。

講談社から発売されているもので、著者には金田一少年も書いたさとうふみやさんになっています。どことなく顔が似てる。

探偵学園Q(22)

探偵学園Qは名探偵コナンのように知名度はそんなに高くはないと思いますが、アニメやドラマでも放送されました。

内容は探偵を育てる学園が生徒を募集して、集まってきた生徒を探偵として教育するというもので、その中で事件が起こっていくというものです。

ストーリーはどちらかと言えば長めで、1冊~2冊ほどで話が切り替わります。内容も名探偵コナンが小学生向けだとすればこちらは中学・高校生以上という感じで、内容が複雑な感じがあります。





主人公も高校生以上とメインの登場人物は比較的年齢層は高めです。事件が起こる背景、メンバーの家庭の秘密などいろいろ謎も多くて読んでいてかなり気になります。

事件も裏の裏をついたような、時々わけがわからなくなるような、どれを信じればいいのかと展開がおもしろいです。

こういうマンガは連載で続く場合が多いのですが、もう完結してしまっています。メンバーの謎と組織の謎と明かされていくのでおもしろいです。

最後はまさかの展開でした。やはり本は終わると悲しいものです。

  


Posted by ぴっちゃん at 01:13Comments(0)書籍関連

2009年06月03日

ブルボンアルフォートとブランチュール

ブルボンは低価格でおいしいお菓子を提供してくれるメーカーですが、その中でも人気のあるチョコレートはアルフォートとブランチュールです。

ファミリータイプのものと、一人用の小さめのものとがあります。どちらかと言えばアルフォートの方が人気がありますが、ブランチュールもおいしいです。

ブランチュールは薄い焼き菓子の中にホワイトチョコレートが挟んであるというお菓子です。アルフォートは厚いクッキーに厚いチョコレートのお菓子でボリュームがありますが、こちらはそんなにありませんが、クッキーが薄いことでチョコレートを引き立てている感じです。

  


Posted by ぴっちゃん at 18:27Comments(0)ブログ

2009年06月02日

明石家さんまの人生や生い立ち

明石家さんまは現在の私生活ではいろいろネタにするものの、実家の家族について語ることはあまりないですね。そんな中で明石家さんまの兄が明石家さんまについて雑誌で語っていました。

小さい頃は経済的に苦しくてなかなか大変な環境で育ったそうです。下の弟想いでとてもかわいがっていたんだとか。明石家さんまのさんまもさんまの缶詰作業を経営していたからこの名前にしたそうです。

小さい頃から人を笑わせることが好きだったそうです。こういう環境で育ったからか、とくに贅沢三昧をするというわけではなく、即席ラーメンを食べるなどの一般的なこともやります。



大竹しのぶとの再婚も女性一人で子育てをする姿がほっとけなかったのではと言っていました。元々さんまのまんまに大竹しのぶがやってきた際には、普通とは違いテンションも素になっていた気がします。

今のような長澤まさみがタイプと言ったり笑わせるような姿はなく普通の人に戻っていました。

  


Posted by ぴっちゃん at 08:19Comments(0)ブログ